芸能・アイドル

948 「仲間由紀恵withダウンローズ」のブログがダメな感じで更新

「仲間由紀恵withダウンローズ」のブログが更新されてます。

仲間由紀恵withダウンローズのブログ
http://blog.duogate.jp/downloads/

このブログにあふれる「何ともいえないやる気のなさ」については以前ブログに書きましたが、
そのまんまのテイストの新しい記事が掲載されました。

面白くなくて無内容、頭の悪い絵文字、面白くないボケ、とまるでリアル中学生のダメ日記サイトのような記事がご覧になれます。
しかもブログの体裁を取りながら全くブログの意味をなしていないのもポイントです。

わざとやっているのか天然なのかわかりませんが、わざとだったら随分とシュールな笑いです。
笑って欲しいのかどうして欲しいのか、興味の尽きない謎のサイトです。

新曲のタイトル「ファイアーバード」、その心は「焼き鳥が辛かったから」だそうです。

この企画、このあと一体どこへいってしまうのか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

974 チャーリーとチョコレート工場とジョニー・デップについての役にたたない情報

チャーリーとチョコレート工場

最近CMしていますね。 衆議院選挙の前日に封切るという相当にダメな日程で公開されたため、今ひとつ話題が盛り上がってない気もする映画です。映画の劇場公開より小泉劇場。 当然私も見に行っていない。見に行っていないのにブログを書く。

話がチョコレート工場なわけです、チョコレート工場。21世紀に「チョコレート工場」。
IT時代の子供のドリームワールドにはチョコレート工場がインクルードされている可能性はとっても低いと思われるのですが、それでもチョコレート工場。
今時、子供ですら「もっとあっさりしたものが食べたい」と言いかねないにもかかわらず、チョコレート工場。

「くじに当たった良い子の諸君はオッチャンと夢のチョコレート工場に行けるぞー」

子供は確実に泣きます、泣き叫びます。
そんなオッチャンが現れたら間違いなく子供110番の家に駆け込みます。
来週には職員会議で話題にされ、来月にはPTAが校長に相談に押しかけます。
学級会で、「知らない人についてゆかない」という話が担任からされます。

子供の間では「チョコレートおじさん」が話題沸騰。
どのクラスにでも居るうそつき小僧が「二丁目の空き地の前に居った」とか何とか見てきたようなことを言い始め、小学生は夜に出かけるのが怖くなってしまって親が塾に送り迎え。
やがて話にどんどん尾ひれがついて都市伝説となり、ベットの下でチョコレートをくわえた男が居る話とか、チョコレートの原料は犬だとか、チョコレート工場で着替えていると行方不明になるとか。


映画館で一生懸命見てもどうかという気がしてならないので、話題としてぬるくなったあたりでDVDかテレビで見ることにします。


ジョニーデップと田代まさし


ジョニーデップと言えば面白くない映画ことナインスゲート。
ナインスゲートでは、ジョニーデップ演じる田代まさしが主人公を演じています。
それ以来、ジョニーデップを見るたびに何となく田代まさしに見えないかどうかが気になってしょうがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

980 内村プロデュース

内村プロデュース

内村プロデュースが終了するとかであちこちで嘆きの声が激しいですね。
たしかに根強いファンが多いように思われますし、私としても終了するなんて信じ難い話です。
継続できるなら継続していただきたい。

しかし終了するというのも解らなくもない。
終了するとすごく悲しいんだけれど、かといって毎週放送が始まるのを楽しみにして、テレビにかじりついて見るような番組でもなくなっているように思えるのです。
逆に、そういう風にちょっとぬるいからこそ、長い間続いている番組なのかもしれないと思います。

知らないところで「理不尽な理由」にて終了が決定されている気もしないでもありませんが(ブログでお怒りの意見が多いのは、そういう原因だと思っている人が多いからでしょう)、

お笑い文化として高いところに到達したままだが、商売としては厳しくなった

からじゃないかなとも思います。

後番組にはいかにも使い捨ての番組が顔を覗かせています。
もし仮に「商売としては厳しくなった」のが原因だとするのなら、「テレビ局ビジネス的に合理的な放送内容」と「視聴者に深く愛される番組」が必ずしも一致しない、その一致しない部分が予想以上に大きいのかもしれませんね。

ブログで大きい事を言う人の真似をすると(私自身そこまで言い切る自信は無いですが、セリフを思いついてしまったので書いてみます)、これは今のテレビ放送が自身のモデルを維持できなくなって螺旋を描いて衰退してゆく、そのひとかけらなのではないでしょうか。
相当悪い言い方をすると、テレビの世界は衰退によって構造的にカス番組を作る方が儲かってしまう状況にあり、それゆえにさらに衰退を招く悪循環にはいっている、そんな感じでしょうか。

えらくえらそうなことを書いてしまいましたが、よく煮込んだ料理みたいな番組が続けられずになくなることは悲しいことですね。

ガキの使いみたいに、長々と続いて欲しかったですね。ガキの使いみたいに30分の短い番組だったら、終わらずに済んだかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)