« ここしばらくのその他ニュース | トップページ | 647 「次世代PHSは100Mbps以上」は誇張でもあり、控えめでもある »

648 知られざる空き電波帯域(?)、「ホワイトスペース」とは何か

ホワイトスペースというものについて記事を書いてみたいと思います。

※また、どこか間違っていたらコメントいただけると幸いです。


◆またGoogle

まずはアメリカで話題になっている感じについて記事にします。

Google創業者、ホワイトスペース活用訴えテレビ局を批判
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/23/news064.html

米Google共同創業者のラリー・ペイジ氏は5月22日、米国政治の中心地ワシントンD.C.に乗り込み、議員や米連邦通信委員会(FCC)を相手に、放送チャンネル間の未使用周波数帯を免許なしで利用することを認めるべきだと訴えた。

まず、放送関係とGoogleが喧嘩していることがわかります。

そして話題は「放送チャンネル間の未使用周波数帯」であること、そしてGoogleは「免許なしで利用したい(無線LAN)」としており、放送関係は自分達の利用と干渉するから止めてくださいと言っています。

そして、干渉するのかしないのか(あるいは干渉しない方法があるのかどうか)を調べるために米連邦通信委員会(FCC)が実験をしたところ、実験は失敗したそうです。

FCCは2007年、Microsoftから提供された装置で実験した結果、テレビ放送や無線マイクの信号が継続的に感知・検出できなくなったと述べ、ホワイトスペース構想に水を差した。

しかしこの件で勢いづいた放送業界を、Googleが再度批判している、という話です。

ちなみにベライゾン(Cブロック)のオープンアクセス義務が生じたのも、こういう「Googleからの圧力」によるものだったようです。


◆放送チャンネル間の未使用周波数帯

「放送チャンネル間の未使用周波数帯」という表現は、
・チャンネルとチャンネルの間の隙間
・使用しているチャンネルと使用しているチャンネルの隙間

後者の話である、と聞いています(のはず)。前者だとするとかなりの隙間利用計画になります。

日本でいうと「ファミコンに使ったりするチャンネル」のこととなります。

つまり、関東では1chや3chは放送に使われていますが、2chは放送に使われていません。関西では逆に2chは放送に使われ、1chや3chは放送に使われていません。

なぜ貴重なはずのVHFの全部のチャンネル(01~12)が埋まっていないのかというと、(そもそもは)干渉の防止のためのはずです。つまり日本全部で全部のチャンネルが埋まっている状態にすると、どこかで放送が混ざってしまう(違う放送をしている電波を同時に受ける場所が出てきてしまう)、ということです。

例えば、干渉の心配がそもそもないCATV(有線)などでは全部チャンネルが埋まっていたりします。

というわけで、全部のチャンネルが使われていないのには理由はあるわけですが、しかし電波の空きが何かしら生じている事には違いありません。

例えば、関東全域で2chは空いており、関西全域では1chと3chは空いています。小出力で使われていない周波数を利用しても、別に大きな問題は生じないはずだからそうやって使おう、というのが「ホワイトスペース問題」の発端です。

推進派の主張は、
・空いているんだから使わせろ
・放送業界は電波をただでも使いすぎなので、これくらい当然である
・干渉については、機器が自動的に未使用帯域を検知して、大丈夫な周波数を使うようにすれば大丈夫なはずだ

反対派(放送局)の主張は
・空いていようとなんだろうと、放送局に免許が下りている帯域である
・放送局馬鹿にすんな
・天下の放送に干渉の可能性があるなんて許せない。
・現に怪しい機器を作って実験しても、干渉しているではないか。

GoogleはCブロックの時と同じく、正義を振りかざしてロビー活動をしておりまして、悪の放送業界vs自由と正義のGoogleの図式に持ち込もうとしています。しかもGoogleの主張は無線LANみたいに「免許なし」で利用できるように、というものです。

免許なしの場合には、「干渉を自動で防止する機能を備えた機器」のみに販売許可が降りる形になります。で、使うのは自由という事になります。

ちなみに免許割り当てありでの利用方法も考えられます。その場合は、免許をもらった人が責任を持って干渉を防止することになります。例えば、ソフトバンクが関西限定で「3ch」に相当する帯域の免許をもらって、既存の利用と干渉しないようにしか基地局を配置しない約束で使う(違反したら免許取り上げ)、というようなパターンです。

個人的には放送局が使っているような電波の性質が良い帯域を無線LANに使うなんて勿体無い気がします。また、何にせよこんな複雑な割り当てを行うと、後日に帯域の利用方法を変更する時に困りそうな気もします。

|

« ここしばらくのその他ニュース | トップページ | 647 「次世代PHSは100Mbps以上」は誇張でもあり、控えめでもある »

コメント

電波は有効利用してほしいですけど、無免許で利用っていうのは弊害のが大きそう。

取り壊しの決まったビルに突然住み着き、立退き料を要求する「占有屋」みたいに、利用がきまった場所に突然無免許でサービスを始め、立退き料を求めるやつとか出そう。

投稿: TT | 2008/05/25 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41683/41313970

この記事へのトラックバック一覧です: 648 知られざる空き電波帯域(?)、「ホワイトスペース」とは何か:

« ここしばらくのその他ニュース | トップページ | 647 「次世代PHSは100Mbps以上」は誇張でもあり、控えめでもある »