« 799 薄い携帯 | トップページ | 797 五月の携帯純増数:「およそ1位」が二つ+毎月恒例の »

798 WX320Tについて、ウィルコムは「普通」分を補充したいらしい

WX320Tと新色が発表された件について、遅れながら書いてみたいと思います。

熱を出して寝込んでいたり、体調不良で働かざるを得なかったりしてブログどころではありませんでした(というかまだ熱出してます)。
#人生考え直した方がよいかもしれませn

話題がx-wの方に行ってしまうまえに、なんとか記事を書いておきたいと思って書いてます。


◆WX320TはWX310SAの後釜?

5/31の発表は、WX320Tと新色の発表でした。両方とも近々そのような発表があることは予測されていたものではありますが、具体的に発表された事で、喜んでる人やらがっかりしている人や色々だったりするようですね。

私は、実機がでてこないとまだ全然わからないなと思った事と、ウィルコムは「普通」の端末を拡充したいようですね、ということを思いました。

まず、WX320Tは普通の端末でした。スマートフォンじゃないかとか(東芝にはGenioというPDAがあります)、そう言う期待もありましたが、まあとりあえず普通の端末でした。というわけで、スマートフォン派はがっかりだったようです。

WX320Tは普通の端末でしたが、普通の端末としても普通の端末を感じさせるものでした。
ポジション的にはWX310SAの後釜なのあろうというスペックで、なおかつ、WX310SAはWX310Jの使い回しと思しき端末でしたが、WX320TもWX321Jの使いまわしの「可能性」があるようなスペックです。


◆発売されないとわからないことが多い

実際のところWX320Tがどのような端末であるのかは、実機が出てこないと解らないことが多いように思われます。

まず、WX321Jそのまんまなのかどうかという点がわかりません。もしそのままならば、日本無線が作った端末を東芝ブランドで上手にバリエーション強化しただけの感じになります。その場合には、WX321Jからどのように「普通向け」に改良されたかというあたりが問題になりましょうか。

もしくは、東芝で大幅に改良されていたばあいや、NetFront基本として使っているためにたまたまスペックが似ているだけ場合には、ふたを開けてみないとどういう端末なのかわかりません。

考え過ぎに思えますか?いやいやそうではありません。WX310SAがそうであったように、そしてWX310Kがそうであったように、さらにはWX320Kがそうであったように、スペック等から受ける印象は実機を使ってみての印象と異なる事が良くあります。

スペック的には画期的さはありませんから、
・(今度こそ)良く出来た普通端末
・そこそこ程度の普通端末としてWX310SAの後釜になる
のどちらかになるのではないかと思います。


◆ウィルコムは「改良機」に注力している

考えてみれば、前回の新機種発表の際にも全て既存機種の改良機でした。
・WX220Jは味ぽん直系の改良機
・WX320Kは京ぽんの改良機
・WX321JはWX310Jの改良機

WX220Jについては既に枯れている端末をさらに無難にしました。
WX321JはWX310Jの難儀な点をとりあえず一掃しました。
WX320Kは「京ぽん」が持っていた欠点をようやく解消した端末でした、あるいは「京ぽんがとうとう普通に届いた」という端末でした。

これを考えると、WX320TはWX310SAの持っていた難儀な点を解消した端末なのではないかと思えてきます。
・WX310SAよりWX320Tは小型化した
・(初期のものは)ソフトウェアが不安定だったWX310SAに対し、WX320Tは安定動作するようになっている?

京ぽん(やWX310K)がそうでしたが、長所を生かすととても素晴らしいが、同時に不満が出る端末よりも、既存の端末を基礎に無難な端末を目指しているのではないかという気がします。

#ならばX-WはW-ZERO3[es]を単に無難化した端末かもしれません(予想)


また、そうならば「ウィルコム端末の進んだ使い方」を普通の人にも理解してもらう方法があるかなあと思ったりします。携帯電話と同じようにして評価されるとそれは残念です。
京ぽんが売れていた時、解説本と一緒に売られていたことがあるそうですが、ああいう感じで何らかの対策をする必要があるかもしれないと思いました。

・・と考えてみて思ったのは、WX320Kは「ヘビーユーザを作る端末」というようなことが言われていたなということで、ウィルコム的にも意識されているのかなと思います。


◆新色

新色ですが、
・「さわやかグリーン」のWX320K
・「小悪魔ピンク」のWX320K
・赤いnine
・みどりのnine

ここまでの端末の話は「無難に無難に」でしたが、色に関しては妙に攻めています。

WX320KについてWX300Kのような女性に好まれる色が無いという点については私も書いていました。そうなのですが、そこで意図していたのはもっと無難な色でした。
また、写真ごとに色写りが違うという状況なので、モックをみないと実際の色加減はよく解らないかもしれません。もしかしたらピンクは良い感じかもしれませんが写真ではよく解りません。

nineについては既存の色と併せると、
・真っ黒
・真っ白
・若干上品なピンク
・極赤
・極緑

というわけで、極端な色が多いです。落ち着いた色の筐体が合ったらそれが集中的に売れる気がするのですが、なぜにこうも極端なのでしょうか。

新色に関してはアフロさんの暗躍を感じたりします。


というわけで、x-wの発表の前にWX320Tの事を何とか書き終えた次第です。

WX320Tについてはホットモック待ちって所でしょうか、今は解らない事が多すぎるとコメントしておきます。

|

« 799 薄い携帯 | トップページ | 797 五月の携帯純増数:「およそ1位」が二つ+毎月恒例の »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41683/15329797

この記事へのトラックバック一覧です: 798 WX320Tについて、ウィルコムは「普通」分を補充したいらしい:

« 799 薄い携帯 | トップページ | 797 五月の携帯純増数:「およそ1位」が二つ+毎月恒例の »