« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の8件の記事

822 WX320Kを買いました(3) - ブラウザの速度を解りやすく?説明

短い記事のつもりで書きます。
#書き出したらどうなるか解りませんが

WX320Kのブラウザの速度について比喩を思いついたので書いてみたいと思います。

あと、私はWX320Kを買ったのでWX320Kについて書いていますが、WX321Jもかなり良い端末であるらしいので、売り場でちゃんと比べてください。私もかなり迷ってWX320Kに決めています。


◆ホットモックでは基本的にブラウザが使えないので

実際に私がどちらにするか悩んでいたときに困っていた事をようやく思い出しました。

店にあるホットモックはネット接続が出来ない状態になっていて、ブラウザが使えないようになっていることが大半です。そもそも発売されてからしばらくはホットモック自体がどこにもないと言う困った状態でしたが、さらにブラウザが使える状態で動いている端末を試用できる機会は稀です。

というわけで、WX320Kのフルブラウザがどの程度快適になったのか解る比喩を考えてみました。
#以下全て私の主観による事は忘れないでください。

京ぽん(AH-K3001V)で長文メールをスクロールする速度より、WX320Kフルブラウザのスクロール速度の方が速い。

この比喩が本当に正確か?あるいは、これで本当に速さが伝わるかどうかは微妙で、ツッコミが入る気もしますが、大きくは間違っていないと私は思います。ウェブサイトによって重さが違うとかいろいろなファクターはありますけども。

さらに言うと、キーを話した後に惰性でスクロールするような感じがなくなっていますから、

京ぽん(AH-K3001V)で長文メールをスクロールするより、WX320Kフルブラウザのスクロールの方が快適。

の方がより解りやすいかもしれません。
さらに言うと、

京ぽんでメールを読むくらいの感覚で、WX320Kではフルブラウザを使えるようになってしまっている。

という感じかも知れません。


また当然の事実として、

WX320Kで長文メールをスクロールする速度は、WX320Kフルブラウザよりもさらに速い。

ということでもあります。そういうわけでWX320Kはとっても実用的になったと主張するわけであります。伝わりました?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

823 WX320Kを買いました(2) - メール読みについてのビフォーアフター

WX320Kの感想シリーズです。

今回から何回か(というか思いつくたびに)、色んな気がついたことを書いてゆきたいと思います。


◆メールを非常に効率的に読めるようになった

私は京ぽんを外でPC宛に来たメールを読む用途でも使っています。
これが私の場合にはWX320Kでは恐ろしく効率的になりましたのでそのあたりを書いてみたいと思います。何倍になったとかいうレベルじゃなく能率アップしてます。

注意:
基本的に京ぽんと比べての話です、他社携帯などと比べての話ではありません。その場合にはとりあえずはもっさりは無くなったという程度にご理解ください。


届くメールが多いということもありまして、転送せず(転送したらすぐに京ぽんのメールボックスが溢れたためにそういう習慣になった)、京ぽんの特徴である「プロバイダのSMTPサーバ直接アクセス」で、読みたいときにプロバイダのメールボックスから直接メールを取っています。

で、京ぽんの場合、その日のスキマ時間の量次第でもありますが、まあメールを多少読めれば良いかなという感じで、色々工夫したものの京ぽんでメールのチェックを済ませる事は基本的に出来ていませんでした。
結局、帰宅してからPCで読む必要がありました。


WX320Kにしてからは、これが画期的なことになりました。端末で全部読めるようになってしまいました。数倍どころか、もしかしたら10倍以上になっている気もする能率アップです。

どうしてこんなに効率的になったのか考えてみたのが以下のとおりです。


まず、メール受信速度が上がり、本体のメモリも増えたので(前もって落としやすくなった)、受信待ちの無駄な時間がかなり減ったようです。

また、パケット通信の速度が上がった上に、移動時のパケット通信も安定したので、電車の中でメールチェックした際にも受信速度が落ちなくなっている気もします。

メールを読む速度も向上しました。スクロールが速くなったためにメールを頭から最後までざっと流す時間が恐らく相当短くなったので、どうでもいいメールを読み流す速度が圧倒的に変化した模様です。
#メーリングリストとかってそういうメール多いじゃないですか

そして、Operaの速度が上がったため、メールを沢山読めるようになった上に、メール中のURLも従来よりもはるかに沢山チェックできるようになりました。


メールを読んでいる(スクロール高速)
→メール文中のURLが気になってクリック(ここでメニュー構成が変になっていていったん引っかかるw)
→Opera起動(起動は高速)
→Operaで閲覧(サクサク)
→Opera終了(一瞬で終了)
→ハイ続きのメールを・・・

これ、京ぽんだと結構時間のかかる作業だったわけですが、WX320Kでは相当時間が短縮されました。

京ぽんだと相当ヒマな日でなければ一日に届くメールを全部読む事は不可能でしたが(加えて外部充電が無いと電池も持たなかったりした)、WX320Kでは急がしい日でも100通以上処理できてあたりまえになりました。
というか、メールチェックでもするかと思ったけどメールボックスが空だったという私的には衝撃の体験をするようになりました。

さらに京ぽんで返事を書くのは大変でしたが、十分に返事を書ける感じになったのも大きな変化です。


もう一度書くと、数倍どころか、もしかしたら10倍以上になっている気もする能率アップでして、本人もこんなにも変わるものだろうかと思っているような次第です。

ただし、あくまでも私の感想なので他の人に言わせれば「そんなわけが無いだろ」という感じかもしれないことは断っておきたいと思います。


WX320Kは、買ってすぐではなく後日じわじわっと充実感が来る感じがしますね。

他にも良くなったなあと思える事があるので、引き続いて別の記事を書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

824 WX320Kを買いました(1)

ちょっと間があきました。
WX320Kについて書きます(書き始めます)。

時間の関係で推敲不十分で投稿します。
購入を考えている人の参考になればと思います。


◆WX320Kを買いました。

WX321Jとかなり迷いましたが、結局WX320Kを買いました。

発売前の記事にも書いた予想のとおり、「WX320Kは京ぽん(AH-K3001V)の問題点をほとんど解消した」ような端末でした。
発売前いスペックについて不満があったように、スペック的に特に主張するものはありませんが(そのため買って面白いという感じではありませんでした)、実際に使ってみると、実用性が大変に向上している端末になっています。

現在のウィルコムの端末で、
・WX321Jが個性で一番
・W-Zero3/W-Zero3[es]が多機能さでは一番
というような感じで例えるならば、一番実用的かもしれないと思います。


◆全体的な印象

まず、端末を手にとって必ず思うのは、「動作が何もかも高速になった」ということでしょう。

全体的に、京ぽん(AH-K3001V)はもちろんWX300Kを使っていた人にとって、解消して欲しかったことほとんどを解消した端末だと言えると思います

サイズは元祖京ぽん並み、あるいは元祖よりもスリム感があるような感じでして、WX310はデカイと思った人や二台持ちの人にはうれしい小ささかもしれません。全体的にプラスチック感が多かった従来の端末とは違う感じがします。

また、持つと金属部分がひんやりします、触覚で新しさを感じることがあるとは予想もしていませんでしたが・・・


□メーラ

まずメーラですが、メールを読む際・メールを書く際・メールの送受信速度、全てもたつきを感じなくなりました。
メールの送受信を開始するまでの時間については、他社の携帯と違って通常のインターネットメールと同じ方法で送受信しているためにどうしても遅くなりますが、それでもこの時間もかなり短縮されました。

また、メール作成時の日本語変換が遅かったりした点(特に京ぽん)も無くなりました。コピペの文字数も1000文字(とちょっと)になり、その点で不自由する事も無くなりました。

また初代京ぽんは本体のメモリが少なくて苦労する端末でしたが、WX320Kでは「メール専用」に4MBのメモリが割り当てられており、とりあえずはかなりマシな状態になりました。


□フルブラウザ(Opera)

Operaは残念ながらOpera7.0のままですが、かなり高速に動作するようになりました。
特に元祖京ぽんと比べるとまるで別物です。

まず、Operaボタンを押した後、ブラウザが起動するまでの時間が非常に短縮されました。また、すぐに終了するようになりました。
そのため、間違ってOperaを起動してしまって「ああしまった!」(京ぽんでは長い時間ロスがあったので)と思う事も無くなり、間違ってOperaを終了してしまって「ああしまった!」と思う事も無くなりました。しょうがないな程度で普通に起動しなおしたり、終了すれば済むという感じです。

起動後も動作が軽快になり、スクロールが重かったりすることが無くなりました。スクロールは軽快になり、ボタンを押した後に慣性の法則で遅れてスクロールするような感じもなくなりました。

フルスクリーンモードですら(フルスクリーンモードは動作が一番重い)、普通にウェブサイトを見ようという気になる快適さです。高速化サービスを使っていればさらに動作は軽くなります。

メールに書いてあるURLのウェブサイトをちょっとチェックしようか→フルスクリーンモードのままだったけどそのまま見るか→はいメールに戻ろう

みたいな事を普通に出来る感じです。


□通信中の着信やメール受信など

私個人でキチンと調べたわけではありませんが、どうやら、通信中着信が完璧になったようです。通信中だろうと着信します(もちろん着信しないようにも設定できます)。
また、フルブラウズ中にメールが来たらそれも受信してくれます、ただし接続が一回切れてしまうので、またつなぎぎなおす必要があってこれは改善して欲しいところですが。

通話中の着信も知らせてくれるようになりましたし、なんと通話から二時間経過すると音で知らせてくれる機能すらあります。


□感度

使ってみると圏外だったところで通信できるようになっていたり、従来通話すると途切れまくりだった状況で通話しても音声が多少揺れるだけで普通に通話できているなど、特に元祖京ぽんと比べると(比較する相手が悪いと言えばそのとおりですが)ビックリするほど改善されているように感じます。
八本槍基地局が沢山あるエリアでは特に改善が凄いような気がします。

圏外ではないのだけれど電波状況がややこしいらしい場所を電車で移動する、という状況で試してみたところ(もちろん電車で話すと迷惑なので聞くだけで)、元祖京ぽんでは
「こち・・・あの・・qあwせdrftgyふじこ・・・・・そ・ftgyふじこ・・・わ・・(電話切れる)」
のようになりがちだった場所で、
「音声が何かゆらゆらするけれども、途切れずに通話が出来る」
ようなっていて驚いたりしております。電車は簡単に同じ条件を再現できるので比較にはもってこいです。

それに驚いて、移動でも完璧か?と思って電車でずっとつなぎっぱなしにしてみたところ、時折、数分おき?程度に1秒程度の無音が入ったりしまして(ただしその周囲は四本槍エリアっぽい)、完璧ではないようでもありました。まあ、会話は普通に出来る感じに思えましたが。
#とはいってもこれまでも移動中に通話する事なんて基本的に無かったので困ってはいませんでしたが・・

移動時に厳しい音声通話(回線交換)でこの様子なので、パケット通信では普通の電車程度では移動時も安定しているようです。


□新機能はあまり試していなかったり

その他ですが、カメラは携帯用として最低限ちゃんと使えるレベルです。まだほとんど試していませんが、最低限ちゃんと写真だぞという感じのものが取れるようになりました。
連写モードというのがありまして(カシャカシャと連続して自動で写真をとるモード)、他人が飯を食っているところを連写すると面白かったり、それをそのままアニメーションGIFにするとさらに面白かったりします。

JAVAは動作速度が携帯と比べても高速らしいのですが、最初から入っているゲームを少し遊んだ程度でまだほとんど試せていません。RSSも使っている人によると便利だとか聞きますがまだ何もしていません。オンラインストレージ機能なども試せていません。まだまだでございます。


□失われたもの

失われたものもあります。

フォントにアンチエイリアスがなくなりました。フォント自体は同一らしく、単にギザギザになったようです。
機種変更してすぐは、表示がギザギザになったのでちょっと残念な感じもしましたが、読みにくくなったかといえば、私は字を小さくしたときにもそれほど大きな差は感じませんでした。というわけで、慣れれば実用上は問題ない、と思えました。実際、端末だけで使っている分には問題にはならないと思います。

しかしその後に気がついたのですが、フォントがギザギザになった事によって一つ大事なものが失われました。

京ぽんのOperaは「パソコンで表示しているかのような表示」というのが売りでもありました。実際、パソコンの画面に京ぽんのフルスクリーン表示を並べている広告もありました。

ですが今回アンチエイリアスがなくなってしまったことで、文字表示は携帯っぽいギザギザ感のある表示になってしまいました。つまり、パソコンで見たときと全く同じ感じではなくなってしまったのです。

実際、以前の機種ではフルスクリーンモードはウェブページがパソコンで視覚的にどんな感じに見えるかを試すために使えさえしました、ほとんど同じ表示感だったからです。しかし、ギザギザ化によってそういう感じではなくなりました。

パソコンと並べて「同じだ!」という直感的な驚きが薄れたという感じです、この点、ちょっと残念でして、出来るならばアンチエイリアスをON/OFFできればなあと思う次第です。


◆まとまりの無い文書のまとまりの無いまとめ

というわけで、しばらく使ってみた印象です。

買って面白いのはWX321Jだと思いますし、機能の種類では[es]どころか従来のWX310系にもかなわない気もします。WX320Kは面白そうに思えないから買いたくないと思える人、それは結構正しいと思います。

新しさはあまり感じられないけれども、実用性の面で画期的に進歩した」という感想の意味が伝わっていればなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

825 まずはWX321Jの印象

前回から引き続いての記事です。

まずは先にWX321Jの印象について書きたいと思います。
結局、私はWX320Kを購入したわけですが、WX321Jを購入していても気に入って使っていると思います。

念のために書いておきますが、私の感想に過ぎないことは忘れないようにしてください。


◆WX321Jの印象

忘れないうちに印象を一通り書いてしまいたいと思います。
肝心な事の前にまずは部分的なことから。


・液晶が綺麗
まず、液晶がとても綺麗でした。
WX320Kと比べると液晶は大きく美しく(液晶ではWX320Kの方が安ものっぽい印象を受けた)、買ったらなにやら表示しただけでうれしいだろうなと思いました。

・矢印キーは位置が変だけど操作性に問題なし
指紋センサの周囲に変則的配置になっている矢印キーですが、店頭でいじっている程度でもすぐに慣れてしまいました。配置が変だと思う人は多いと思いますが、問題にはならないと思います。
むしろキーの操作上問題だと思われるのは、キーが筐体下部に集中している事でして、ようするに落としやすそうだと思った事ですが、これも大きな問題ではなさそうでした。

・とても軽い
実機はサイズは大きめですが(液晶が大きいしストレート型ですから)、とても軽いです。ボタンが下にあってもそれほど気にならなかったのは軽さも原因だと思います。

・指紋センサ
指紋センサについてはWX310Jよりも確実に操作しやすくなっていました。
マウス的として操作する場合には(ブラウザで)さすがに買ったとたんにマウス並みにスイスイ操作できるというわけにはゆかないようですが、買ってしばらく経てば思い通りに操作できるようです(ノートパソコンを買い換えた直後にはポインティングデバイスで苦労するような感じらしい)。WX321Jの特徴的な機能は大丈夫そうです。
いずれにせよすぐ隣りに矢印キーがあるので、組み合わせて使えます。矢印キーでの操作と指紋センサでの操作をリアルタイムで組み合わせて使えるっていうのは新しい操作感なんじゃないかとおもったりします。

・メーラやブラウザなど
メーラやブラウザ、メニューなどは基本的にWX310J(やWX310SA)を継承しているようです。
ただし、動作が高速化していたり、色々と細かいところが沢山改善されているようです。私はWX310JやWX310SAのユーザではないので(使った事はありますけど)、どの辺が改善されているのかは定かではありませんでした。
なんでも、改善されてない点も残っていたりだとかですが、従来不満があった点があちこち改善されているようです。
ブラウザはNetFrontで従来のNetFrontよりもバージョンが上がって改善されているようです。Operaよりも良い点も多いようですが(タブとかAjaxへの対応など)、私には総合的にはOperaの方が優れているように思えました。しかし差があるといっても、比較すれば・・という範囲ではあると思います。普通に使っている分には問題なさげでした。

あと、ベル打ちが出来るようです。一部の方は大喜びでしょう。


WX310Jから引き続いて、機能的に癖がある端末であると感じましたが、機能的には(少なくとも最低限は)無難にはなっていると思ったということです。購入した後にどう思うかはともかく、癖が大問題になる事は少ないと思います。

全体的には、持っていることが楽しそうだなと思いました。

デザインは個性的で、こう言う感じの見た目の個性が好きならば、「ちゃんと選んで買った」という感じがすると思いました。

個性的な外見、大きくて美しい液晶表示、その上に指紋センサでの操作までできます。そしてウィルコム特有の機能が乗っかっています。

「その電話、何?」
と聞かれそうな端末ってそうそうないと思いますし、そう聞かれたあとに、
「指紋センサ触らせてちょうだい攻撃」
っていう感じになるような端末はなかなか無いのでは。
#他人に見せるために持つわけじゃないですが、例として解りやすいので。

さらに、そもそもウィルコムそのものの個性を備えているという点もあわせて考えると、

なんか俺、面白い端末持っててて楽しい。

という意味では非常にすばらしいと思いました。


WX310J(前の機種)の場合には、カメラがついていないとか指紋センサの操作性に癖があって矢印キーが無いとかOperaではないとか判断が必要な点がありましたが、WX321Jについてはこれらの問題点は解消したり改善したりして少なくとも無難にはなっています。W-OAMも搭載されました。


逆に単にハイスペック端末だと思って買う人はもう一度他の機種と比べた方が良いと思います。この端末は、スペックではなくて個性の端末だと思いましたので。

一方、WX320Kの方はWX321Jよりさらに実用性に優れる端末に思えましたので(まあ私の使い方ででしょうけれども)、個性よりもさらに高度な実用性を要求する場合にはまた別の判断が必要になりましょう。


というわけで、

この端末の放っている個性的なところ(外観とか固有の機能とか)に惹かれる人は、
「なんか俺個性を放つ端末持ってますよ」的な感じで満足できるのではないかと思いました。

とりあえずWX310系よりも前の機種から乗り換えて不便になる点は無いと思いますので(ただし当然ながら「端末のサイズ」と「形状」は除きますが)、欲しかったらWX320K(や値下げされたWX310系やnineや[es])と比較検討した上で、とっとと乗り換えてしまった方がよいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

826 ウィルコム機種変しました

機種変しました。

とりあえず今日は機種変したことを書きまして、詳細は引き続き別の記事で書いてゆく予定です。
今後書く記事も含めまして、ご参考にください>購入を考えておられる方々

◆まだ機種名を書いていない理由

機種変したときには記事の見出しに「○○に機種変しますた」みたいに、機種名を最初に書くものなんでしょうけど、今回はそうしないようにしました。
私が読む立場になっていると考えまして、その場合に私の印象を正しく伝えるためには、そうした方がありがたいかなと思いましたので。

結果としましては、私はWX320Kにしました。でも、他の人も私と同じ判断をする事を希望するものではありません。私もWX321Jとかなり迷っていますので、「WX320K買いました」と記事に大書きして読者の心を一方的にWX320Kに傾けてしまうのは不本意であります。

WX321Jもとてもイイ奴っぽいので、皆さんも存分に迷う事をお奨めします。あるいは他の機種も含めて迷ってください。

おそらくどちらの機種にしても外れということはないと思います。


◆箇条書きである程度まとめてみる

私の感想
・WX320KもWX321Jもともに購入を検討する価値がある
・二機種ともに予想通りの「問題点解消型」の機種で、発表時にはスペックが悪いという意見が沢山ありましたが、両機種とも「実用的な意味でかなりの進化」を遂げている。
・ただし、両機種ともに従来機種よりも機能が後退している部分もあるので、要注意である。
・両機種とも日常的な利用感は相当良くなっていると思われる。
・WX310系持ちの人はいったん考える必要があるかもしれないが、それ以前の機種の持ち主はすぐにどちらかに決めて機種変してしまった方が良いような気がする。
・二機種は方向性が違うので、一元的に優劣は決めがたい。

他の機種との関係
・従来機種がかなり値下げしたので、そちらも検討したほうが良いと思われ。
(WX310系やnineは一万円以下、nicoは一円化)

詳細については今後何回か記事として書くつもりなので、そちらをご覧ください。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雑 : とうとうウィルコム新機種の発売日の朝ですが

どうでもいい記事です、内容はありません。

とうとうウィルコムの新機種の発売日と相成りました。

発売日までにはWX321JにするかWX320Kにするか決めているつもりだったのですが、結局まだ決まっていません。迷っているという感じでもなくて、単に「情報不足で解らん」という印象です。

その原因は

・ホットモックが無いので
・誰もレポしないので

ということですね。

あとですが、繰り返しますとモックすら見てない人はモックを一度手に取る事をお奨めします。写真と質感が結構違いますから(特にWX320K)。WX220Jについてはホットモックも先週の時点であちこちにおいてあるようですし。


一応機種変可能体制は整えて出かけますので(笑)、こんなことを言いつつ今晩には新機種に機種変済みってこともありげなんですが、発売日であるにもかかわらず、

「(発売される事よりも)今日こそようやくホットモックが置いてあるんじゃないか?」

というあべこべな期待感がする今朝であります。

でも、ホットモックではブラウザ関係はわからないので(ホットモックはウェブは基本的に封印されてるのね)、そのあたりは購入してしまった人の感想に期待するしかなさそうですね。

期待してます(笑)>もう買ってしまった人のレポ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

827 ウィルコムの新機種が発売寸前なのに、ホットモックがどこにも無い件

えー表題のとおりでございますよ。


◆実物を見ましょう

WX320KとWX321Jが発売寸前な訳ですが、どこにもホットモックが置いてないわけです。
ちなみに、ホットモックって言うのは電源入ってる奴のことね。

モックは結構前からあって(あちこちにありますよね?)、そちらはもう観察済みです。

WX321Jは、見た目についても基本的にWX310Jの後継で、液晶広いなとかいろいろ思ったわけです。かっこいいんだけど筐体に色彩ついてて欲しいとか(今回は黒しかないから)、筐ストレートは液晶とか液晶以外が痛みそうだとかいろいろなことを考えました。

WX320Kについては、ウィルコムっぽくない素材感の筐体だなと思いました。
真っ黒くろの黒と、素材感どうだの銀、(私が)愛着が湧くのか湧かないのか判断できなかった赤。

ちなみに、ウェブ上の写真で受けるイメージとモックは結構違うので、現物見てない人は見に行った方が良いと思います。特にWX320K。


◆ホットモックがどこにも無い

で、それは結構前のことでした。

なんとかホットモックを触ってみたかったんで、普通は発売日が近くなると展示されるはずだと言う事で週末にあると思われる場所に寄ってみたりしたんですけど、ありませんでした。
もう発売寸前な訳ですが、はてさてどうしたもんでしょうか。

とはいっても、ホットモックが置いてあってもブラウザがネット接続できないようにしてあるはずなので、置いてあったら置いてあったで、「これじゃあ、新型Operaと新型NetFrontの比較が出来ない」とか何とか言っていると思いますけれども。

どうやらホットモックが無いのは日本中の現象のようで、レポもありません。

・WX321Jの指紋センサはキビキビ動作するのか?
・NetFront3.4+指紋センサの利用感はどうなのか?
・NetFrontとOperaの差。
・液晶の見易さ
・WX320Kの動作速度
・WX320Kのブラウザの速度
とかとか

しかし、こうやって書いてみると半分くらいはホットモックでも確認できない気もしてきたなー


◆WX220J

他の機種ですが、ニコネコはモック自体置いてませんでした。パンフだけ置いてあると言う不思議な状態でした。何かの作戦じゃないかと思われます。

あと、WX220Jのホットモックは先週から置いてありました。

WX220Jはコンパクトで動作もきびきびした感じで、高度な機能が必要ない人には(そしてあのデザインで十分な人には)良い機種かもなと思いました。
・メールはフルで使えるが予測変換は無い。
・フルブラウザは無い、でもFOMA相当のiModeブラウザ搭載。
・電波関係性能は不明だが、通話性能が良かった機種の後継でW-OAM機種なので良好だと思われ。

フルブラウザが必要ない人たちにとってはnicoよりも良い場合も多いだろうと思ったりしました。
デザインがあれでOKで、フルブラウザも予測変換も無くて問題ない人には、実は良機種かなとおもったりしました。


さて、

WX321JかWX320Kのどちらかを買う気がしているのですが、ブラウザを含めて使ってみて判断したいと思う次第ですが、どこかに置いてないもんでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

828 天候はソフトバンクに「味方」した・・事によってソフトバンクはある意味窮地

いいかげん書かなきゃなりませんということで、短い記事を書きます。


◆暖冬

記事を書こうとしたところ、ここしばらく急に寒くなったりしたこともありまして、なんとも間の悪い感じはしますが、とりあえず今年は雪祭りが危機に陥るほどの暖冬ということになっております。


で、雪と言いますと、ソフトバンクの基地局増設の公約達成は無理なんじゃないですか?という記事、

834 ソフトバンクの基地局数公約は無理、かつさらに無理
http://firstlight.cocolog-nifty.com/firstlight/2006/12/834__3aff.html

で、雪が降る地方の基地局の冬季工事が難しい事情があるということを書きました。

そういうわけで、そもそも全体の数的にムリポということはさておいても、寒くなる前に寒い地方は大方終わらせてる工事計画になってないのと思われる点はどうなんでしょうというわけでした。

先ほどの記事を書いた後ですけれども、公約達成不可能は誰の目にも明らかになった後での記者会見にて、転んでもただでは起きない孫社長「雪が降って工事が出来ないと現場が言い訳をしているが、作らせます」ということを言っていたりします。雪で工事が出来なかったと後て言い訳する伏線?


今年はところが暖冬なわけですね。
基地局工事方面では、今年は冬季の工事が楽で助かった・・んだそうです。

で、「ソフトバンクは多少助かったな」と一瞬思った後思ったわけです、「ソフトバンクは寒さが原因の『遅延』を言い訳には出来なくなってしまった」ってことです。

こういう感じでしょうか、
・冬の事は計画を立てたときにはまったく気が付かなかった→評価は×
・冬の事は当然わかっていたが、業者が愚図って工事せず予定がずれた→限りばく×に近い△
・冬の事は当然わかっていたが業者が愚図って工事しなかった、と言い訳したかったが、誰の目にも暖冬であることは明らかであった→やっぱり×

「歴史に残るほどの記録的寒さ」がソフトバンクにとって一番ありがたかったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »