« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月の17件の記事

971 ウィルコムの新端末

975 ウィルコムの新端末はジオンのパクリの続きの記事。

前回の記事は『DIMEのスクープ記事』についてでした。そしてその後、正式に新端末の発表がありましてそれについてコメントしてみようという記事です。


端末の公式サイト


http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/wx/index.html
公式サイトです。端末は、AH-K3001Vの改良型のようなWX300K、そして新機種のWX310K/WX310SA/WX310Jのあわせて四機種。

WX300Kはこれまでの端末の不足な点を完全ではないにせよ改良した、という程度の端末のようです。カメラの画素数が31万画素に増えていたりとか。ただし、メモリ不足とCPUの速度不足については根本的改善はされない様子。

WX310K/WX310SA/WX310Jの三機種は、プライベートとビジネスを・・などのキャッチコピーがついていたりしますが、どうにもキャッチコピーは間違っている気がします。
これら三機種ではどれもスペック的に一長一短のようで、デザインも違いますからどれにするか悩む人が多いのではないかと思います。三機種がそれぞれ別の顧客のセグメントにマッチしている、というわけでもなく、単に一長一短で悩ましい状態です。(ビジネス利用についてはWX310Jがマッチしているのだろうとは思いますが)


端末の発表会見に行った人たち

西田 宗千佳のPostscript
端末はそれなりに快適に動作するようです(動作が遅くて困ると言う点はさすがに反省したようです)。
この方はWX310Jのデモ機をかなり使ってみる事が出来たようです。かなり好印象のようです。
液晶画面下にある謎の部分は指紋センサであると同時に上下左右決定キャンセルが入力できる新しい感じの入力デバイスのようで、なかなか快適な模様。スタパ斎藤なんかが喜びそうな新機構かもです。
スケジューラーやPCとの連携がかなり本格的で、Javaの搭載、指紋認証、USB接続、ついでにカメラ非搭載ということで、PDAが占めている市場を席捲するのではないかというような印象です。今ひとつ野暮ったかったこれまでのJRC端末と違い、デザインもシャープでイイ感じです。
ある意味今回一番先進的な端末かもしれません。

WX310K/WX310SA/WX310J共通の仕様として、Word/Excel/PowerPoint/PDFが閲覧できる機能、QVGA、リモートロック、フルブラウザ、miniSDカードなどがあります。
Word/Excel/PowerPoint/PDFの閲覧機能はすごいですね、快適に動作するなら(これが心配ですが)かなり使える機能になりそうです。液晶も以前と同じQVGAながらAH-K3001Vの2.2インチから2.4インチに大きくなっています。
PCと同じような事ができる端末だとメールなどもPCと同じようなサイズの大きいデータを扱うようになり、多量にデータを溜め込みたくなります、そしてメモリ不足になります。今度はminiSDカードがついたのでこの問題は何とかなりそうでしょうか。
WX310K300KはOpera、WX310SAWX310JはNetFrontが搭載されています。OperaはすでにAH-K3001Vに搭載されていてそこそこ及第点という感じですが、NetFrontの方の性能は未知数です。

WX310KはFlash(しかも携帯用のFlashじゃないのがすごい)やMPEG4動画再生機能、Buetoothまで搭載されています。AH-K3001Vとくらべるとかなり高性能化しています。デザインも悪くありません。
何でもありのWX310Kですが、残念な事にJavaが非搭載です。これが実に惜しい。そしてICレコーダも搭載されていません。
もしJavaが搭載されていたならAH-K3001Vの利用者は大挙してWX310Kに乗り換えた事だと思われますが、このおかげで皆さんどの機種に移るべきか現在苦悩の状態のようです。

WX310SA/WX310Jは、フルブラウザ/JAVA/Word・Excel・PowerPoint・PDFの閲覧機能/ICレコーダ、ある意味正しいAH-K3001Vの後継と言える気もする仕様です-必要な仕様は思いっきり充実が図られているが、ギミッグ的機能は全て削ぎ落とされています。
WX310Jのデザインは悪くありませんが、ストレートなのは人を選ぶでしょうしカメラがありません(ビジネス利用にはそのほうが都合いいのでしょうが)。WX310SAは今ひとつ野暮ったい外見です。

WX310KのJava非搭載が実に解せません。三洋への配慮でしょうか?(そんなことをしなくても十分棲み分けている気がしますし・・)
Flashが従来のJavaアプリの機能を兼ねているという前向きな予想も出来ますが、Java搭載の利点はすでに存在する幾多(というほどではないか)のJavaアプリが動作する可能性でもあるので、それでは解決にはなりません。そしてなにより「三機種で足並みが揃っていない」のは、Javaアプリを作成して提供してくれる人にとってあまり嬉しくない状況です。
WX310Kは後からファームに機能を追加できるようになっているようなので、今からでもJVM搭載を考えていただけないでしょうか。MPEG4再生などよりも、Javaの方が何倍も需要があると思うのですが・・・


私はどうするの?


正直どうしようか迷い中です。それぞれの機能の作りこみ程度が解るまでしばらく様子見するかもしれません。
310KにJavaが搭載されていたなら、迷い心が発動する以前に問答無用で310K決定の刷り込みが行なわれていた気がしますが。
みなさんお悩みのようです。有名なmemn0ckさんもかなり迷われているご様子。memn0ckさんは全機種買いかねない勢いです。


ドムぽん


西田 宗千佳のPostscript
ちなみに愛称については、「味ぽん3でも京ぽん2でもドムぽんでも、お好きに呼んでいただいて結構。そう呼んでいただけることそのものがとてもうれしい」そうです。

とあります。三洋はジオンのパクリだと思ったのはどうやら私だけではないようです。でも記者会見で「ドムぽん」とか言わなくても良いとおもいます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

972 阪神の優勝 と 巨人は甲子園の土をもって帰りそう

ひさしぶりの執筆。

阪神優勝

阪神が優勝してしまいました。 九月 / 盛り上げ方がわかりすぎの阪神というような事を以前書きましたが、優勝決定についても、あまりにも盛り上げ方を解りすぎているような優勝決定となりました。

甲子園・自力での優勝決定(マジック1から自力で勝利)・下柳→JFK・巨人戦・最後のボールが金本・阪神電鉄100周年・・・
おまけにシーズンの間、適度にハラハラさせながら最後は差をつけての優勝、あらゆる点において話が出来すぎで、まるで台本が存在しているかのような最後でした。

一方で巨人にとってはこの上ないほど気の毒な展開となりました。
優勝阻止の意地を見せるどころか、完全に押しつぶされているようで、凡ミスだらけにして凡退だらけの巨人。
途中から、高校野球の「一方的にやられて動揺し、動揺からミスを連発し、それが原因でさらにやりこまれてしまう」のような、可哀想で見てられない・武士の情けモードに見えてきてしまいました。
最後の打者は一塁にヘッドスライデイングしたり、巨人は負けたあと甲子園の土をもって帰るんじゃないか、とか思えました。

巨人ファンの人には見てられない試合だったでしょう。今年のダメな巨人のダメの総決算のような試合でもあり、まるで今年の明暗を象徴するかのような試合でした。


台本があるかのような・・・


ここまではまるで台本があるかのようなシーズンでした。
もしかして・・・日本シリーズも「盛り上げ方解りすぎ」な終わり方をするなんてことは・・・どうでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

973 動く錯覚効果(動く「アロマ企画」)

動く錯覚効果

表示のされ方は乱数で切り替えているので、リロードするたびに表示のされ方が変わります。
動いているあたりをじっと見ていると、なんだか妙な事になってきます。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

974 チャーリーとチョコレート工場とジョニー・デップについての役にたたない情報

チャーリーとチョコレート工場

最近CMしていますね。 衆議院選挙の前日に封切るという相当にダメな日程で公開されたため、今ひとつ話題が盛り上がってない気もする映画です。映画の劇場公開より小泉劇場。 当然私も見に行っていない。見に行っていないのにブログを書く。

話がチョコレート工場なわけです、チョコレート工場。21世紀に「チョコレート工場」。
IT時代の子供のドリームワールドにはチョコレート工場がインクルードされている可能性はとっても低いと思われるのですが、それでもチョコレート工場。
今時、子供ですら「もっとあっさりしたものが食べたい」と言いかねないにもかかわらず、チョコレート工場。

「くじに当たった良い子の諸君はオッチャンと夢のチョコレート工場に行けるぞー」

子供は確実に泣きます、泣き叫びます。
そんなオッチャンが現れたら間違いなく子供110番の家に駆け込みます。
来週には職員会議で話題にされ、来月にはPTAが校長に相談に押しかけます。
学級会で、「知らない人についてゆかない」という話が担任からされます。

子供の間では「チョコレートおじさん」が話題沸騰。
どのクラスにでも居るうそつき小僧が「二丁目の空き地の前に居った」とか何とか見てきたようなことを言い始め、小学生は夜に出かけるのが怖くなってしまって親が塾に送り迎え。
やがて話にどんどん尾ひれがついて都市伝説となり、ベットの下でチョコレートをくわえた男が居る話とか、チョコレートの原料は犬だとか、チョコレート工場で着替えていると行方不明になるとか。


映画館で一生懸命見てもどうかという気がしてならないので、話題としてぬるくなったあたりでDVDかテレビで見ることにします。


ジョニーデップと田代まさし


ジョニーデップと言えば面白くない映画ことナインスゲート。
ナインスゲートでは、ジョニーデップ演じる田代まさしが主人公を演じています。
それ以来、ジョニーデップを見るたびに何となく田代まさしに見えないかどうかが気になってしょうがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

975 ウィルコムの新端末はジオンのパクリ / カネゴンブーム?

『ウィルコムNewモデルはケータイユーザーにも驚きの内容』という記事

9月15日に発売されるらしいDIMEに、ウィルコムが年末に発売する新機種の写真が掲載されているらしい。 自前で記事の写真などを用意できないので、これに関する大御所なブログの記事にリンクさせていただくと、
memm0ckのブログ 日本橋Blog
いつまでファイルが残っているか不明ですが、記事の画像を取り込んだらしいものが以下、
その1 その2

記事によると、京セラ・JRC・三洋で11月ごろに発売だそうである。
欲しい人は飛ばし記事ではないことを祈ろう。あるいは、"京ぽん"のように開発がデスマーチしていつまでたっても発売されない、というようなことにならないように。

PTP対抗と書かれているが・・

機能についてはいろんな噂がある、京セラの新機種は、フルブラウザだけではなくフルスペックに近いFLASHがついているとか、JAVAアプリケーションが動作するなどの話がある。

DIMEの記事では機能についてはあまり触れられていない。「体感メガクラス」がかかれているので、256K対応(8x)対応でしょうか、あるいは1xの48k~化などにも対応でしょうか。
記事では「ドコモのPTP(プッシュトゥートーク、つまり電話トランシーバー)による通話擬似定額の噂が背景にある」とされているが、そもそもウィルコムは現状それ以前の状態。端末の種類は少なく供給能力は足りないで、定額開始からの需要をすっかり取り損ねていると思われるのでそれ以前の問題として新機種は必要だったと思われます。そういう意味では11月でも遅い。

ジオンのパクリ?

記事で完全に新しい情報は、それぞれの電話機がどんなルックスになるのかというのが掲載されているということ。 写真を見てなんとなく「ジオン軍っぽい」と思ったのは私だけではないでしょう。

京セラの新機種は、日本製品じゃないみたいな感じがします(悪い意味ではなくて)。日本無線のは、事務用にもほどがあるデザインです。三洋のものは・・・やっぱりジオン軍です。
最近四角い電話機が多いですね。四角いのはデサインの流行ではなくてコストダウンでしょうけれど、四角い方が中味が作りやすいので。

カラーバリエーションがあるなら、他の色の写真が見てみたいですね。特に京セラの端末(良い意味での興味)、そして三洋の端末(悪い意味での興味)。
#色を変えたコラが見たいといっているわけではありません。

カネゴン

DIMEの表紙はどうしてカネゴンでしょうか。

表紙というのは「旬の人」が写真になるものです。漏れが知らないだけで、今・・・カネゴンブーム?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

976 選挙結果の予想(反省会)

反省会会場

恐れ多くも選挙の予想をしてしまいました。
衆議院選挙 国民の関心の高さは単なる野次馬に終わる
というわけで反省会です。

予想一覧
>J党 単独過半数
>M党 多少議席を減らす
>K党 減る、20は割らないでしょうが。
>K党 増える
>S党 議席ゼロはなんとか回避する
>新党(国民の方) 事前の予想(ダメ)よりは健闘
>新党(日本の方) 事前の予想(ダメ)よりは健闘
>反対したが離党していない方 半減
>投票率は上がる上がるといわれながらも、思ったより上がらない
割と外れては居ませんが、他の人よりも特異な予想をしたわけでもないので「だからどうした」という結果です。

>J党 単独過半数
事によっては単独で三分の二を超えてしまうのではないか、と思っていたので個人的には予想通りです。

>M党 多少議席を減らす
多少ではありませんでした。

>K党 減る、20は割らないでしょうが。
やっぱり減りました。

>K党 増える
増えませんでしたが、現状維持でした。

>S党 議席ゼロはなんとか回避する
意外と健闘してしまいました。

>新党(国民の方) 事前の予想(ダメ)よりは健闘
>新党(日本の方) 事前の予想(ダメ)よりは健闘
日本の方は議席取れないと言われていたので、まあ予想よりは健闘かと。

>反対したが離党していない方 半減
だいたい半減

>投票率は上がる上がるといわれながらも、思ったより上がらない
選挙日和でしたが思ったより上がらなかったので・・当たったのか微妙なところか。

国民が予想よりもアホならば単独で三分の二を超えることもありえて、国民が予想よりも理解力があるなら単独過半超え程度かなと思っていました。

いえいえ、K泉の政策の横暴に気がつかず騙されている国民よ覚醒せよ、みたいな鬱陶しい演説をしたいのではありません。そういう話とはまた別の次元の考察です。

アピールがアホ向けだったか、ちょっとは自分で考えてみる人向けであったかどうかという点だけの分かれ目です。政策うんぬんがきちんと影響するのは、自分でよく考える人たちだとしてです。
よく考えないとどちらに判断するにしても難しい判断が含まれていることに気がついたのか、それにすら気がつかなかったか、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

978 携帯業界の未来:auはどのようにツーカーを吸収するか

ニュースについて。

auが『シンプルケータイ』を発売

このニュースから auでも通話専用携帯を発売 auが通話専用の携帯電話、つまり『ツーカーS』のような電話機を発売する模様です。 端末の発売メーカーも『ツーカーS』と同じく『京セラ』。

このことは一見どうでも良いように思えるかもしれませんが、事態を理解すると結構考えることがあることが解ると思いますので、状況などを説明してみたいと思います。

ツーカーの不安定な状況

その昔には携帯電話は全国サービスではなく、地方地方でばらばらの会社でサービスがされていて(ドコモも「ドコモの地方会社のグループ」)、関東だけの会社(IDOとか)関西だけの会社もあった。 もちろんそのような中途半端な状況は不自然であり、当然のように後に再編が起こって、現在知られるよな携帯電話三社体制(ドコモ、KDDI、J-Phone→Vodafone)の体制になった。 細かい事情はめんどくさい(し、実のところきちんと理解していない)ので書きませんが、このとき大人の事情でうまく再編されなかった企業があって、それがツーカー。

ツーカーは資本的にはKDDIでAUと同じところにいますが、再編のごたごたの結果としてツーカーは東名阪(東京・名古屋・大阪の周辺)でしか自前の施設を持っておらず、全国サービスを自前で提供する能力がありません。
他の地方では他の会社の施設を借りて電話できるようにする(ローミング)必要があり、その相手としては資本関係的にはAUが自然なのですが、ツーカーは技術的には「ボーダフォンの第二世代携帯」と同一であるため、KDDIグループであるにもかかわらず、東名阪以外では「ボーダフォン」の施設(電波)を借りています。

実のところ、再編で会社がくっついたりはなれたりするときに、施設的にはJ-Phone(現在のボーダフォン)の一部として再編されるのが自然なツーカーだったのに大人の事情でいっしょにならず、しかしながら施設的にはやはりJ-Phoneとしかローミングしようが無いという、股裂きの状態が続いています。

その後

ご存知のとおり、ツーカーはかなり前から不調でした。 KDDIとしてはAUが主力なので、ツーカーは売却して処分してしまいたい会社でした。 しかし、東名阪だけではなかなか買ってくれるところはありません。そして施設的にはもっとも自然な売却相手たるJ-Phoneなりボーダフォンは「熾烈な二位競争」を繰り広げている仇敵であり、わざわざ敵にツーカーを売却(=ツーカーの契約者数が相手に加算される)して自分の二位を危うくしても仕方が無いため、これも実現しません。 そうこうしているうちに、気がついたら今日にいたってしまったのが現状です。

AUに吸収されることに

最後には携帯参入を目論むソフトバンクが「ツーカーを5000億で買いたい」と言いましたが、値段が安すぎた点と、新規参入を目論む将来の敵に売却するのは問題があるということでこれも却下され。 結局はAUに吸収されることになってしまいました。

問題はこれから。AUにどのように吸収されるのか。

ツーカーはこれまでいろんなことをしますが(松本人志が出てたりしましたね)最後の最後になってとうとう「ツーカーS」でヒットを当てることに成功します。ツーカーSで何年ぶりかわからないほどの契約者増加を果たしました。

問題は高級なイメージで売っているAUが、プリペイドやツーカーSなどのツーカーの路線とかなり違うこと。
何も考えずにくっつけてしまうと、せっかくのブランドが台無しになり、顧客が他社にとられたりするかもしれません。特に、現在ツーカーが獲得している顧客が他に流出してしまう危険があります。

そういう事情があるため、吸収後もプリペイドやツーカーSなどではツーカーブランドを継続してブランドの住み分けをするのではないか、などと観測されていました。

実際どうなのか

ですが、AUがまるでツーカーSのような電話機を出してしまいました。

1.ツーカーを完全吸収する前兆
2.ツーカーSの対象層には、ツーカーSが高級ではないと思って敬遠する顧客が居て、これは「高級ツーカーS」である。
3.じつは全体戦略など考えられずに作ってしまった商品で、戦略上の足並みの乱れが出てしまった商品。

実際どうだとおもわれますか?>皆さん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

979  台風が来た/半地下はマジ危険/カトリーナ<台風

時事ネタについて。

台風14号

台風が来てしまい、大変なことになっていますね。 台風でなくなられた方が出たのも久しぶりではないでしょうか。、

アメリカでの惨事が報道された直後だけに、九州の方々は実に恐ろしかったのではないかと思います。
もしかしたら避難はスムーズだったかもしれません。
一般的に、手遅れになることになりかねないことにならないと避難しない傾向のあるそうなのですが(家を去ることへの抵抗、まだ大丈夫だろうと思ってしってそうなるとか)今回ばかりは違ったかもしれません。
避難者数がすごく多いですが、被害が大きいからではなく避難が早かったから、かもしれません。

半地下に浸水

昨日の晩に、東京では半地下の建物に浸水のニュースがありましたが、あれは本当に危ないです。

知り合いが半地下に住んでて、集中豪雨で浸水した事があったのですが、ものすごく大変なことになっていました。部屋の中はめちゃめちゃ。しばらく住めなくなるし、物は台無し。
建物の場所は、直感的には浸水するなんて思いつかないような場所で、半地下だけれどここは川とか無いし大丈夫だろう、なんて思ってもあてにならないと思いました。半地下はやめましょう。

で、その知り合いですが、浸水の後始末が終わった後もまだそこに住んでいました。
彼はすぐ忘れる人でした。

カトリーナ<台風

なんでも「カトリーナ」は、日本の台風と比べると別に対してすごくもないそうです。 「日本の普通の台風程度」だったようで、アメリカの都市が脆弱だっただけ、あるいは恒例行事の日本の台風が半端で無さ過ぎるんだそうです。 そう考えると、アメリカに「14号」が行っていたらどうなっちゃうのかとか考えてしまいます。 「カトリーナ」程度は年中行事の日本、私達はとんでもないところに住んでいるのかもしれません。

ただ、台風は水不足の解消などに大きな役割を果たしているので、全く来なくなってもこまるそうです。
実際、四国のあのダム(渇水になるたびに、古代の遺跡のようになった役所がでてくるところ)も今回の台風で完全充電されたとか。
できれば今後は性格の穏やかな台風(しかも雨台風に専念してもらうと良いですね)が沢山来るような方向でお願いしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

980 内村プロデュース

内村プロデュース

内村プロデュースが終了するとかであちこちで嘆きの声が激しいですね。
たしかに根強いファンが多いように思われますし、私としても終了するなんて信じ難い話です。
継続できるなら継続していただきたい。

しかし終了するというのも解らなくもない。
終了するとすごく悲しいんだけれど、かといって毎週放送が始まるのを楽しみにして、テレビにかじりついて見るような番組でもなくなっているように思えるのです。
逆に、そういう風にちょっとぬるいからこそ、長い間続いている番組なのかもしれないと思います。

知らないところで「理不尽な理由」にて終了が決定されている気もしないでもありませんが(ブログでお怒りの意見が多いのは、そういう原因だと思っている人が多いからでしょう)、

お笑い文化として高いところに到達したままだが、商売としては厳しくなった

からじゃないかなとも思います。

後番組にはいかにも使い捨ての番組が顔を覗かせています。
もし仮に「商売としては厳しくなった」のが原因だとするのなら、「テレビ局ビジネス的に合理的な放送内容」と「視聴者に深く愛される番組」が必ずしも一致しない、その一致しない部分が予想以上に大きいのかもしれませんね。

ブログで大きい事を言う人の真似をすると(私自身そこまで言い切る自信は無いですが、セリフを思いついてしまったので書いてみます)、これは今のテレビ放送が自身のモデルを維持できなくなって螺旋を描いて衰退してゆく、そのひとかけらなのではないでしょうか。
相当悪い言い方をすると、テレビの世界は衰退によって構造的にカス番組を作る方が儲かってしまう状況にあり、それゆえにさらに衰退を招く悪循環にはいっている、そんな感じでしょうか。

えらくえらそうなことを書いてしまいましたが、よく煮込んだ料理みたいな番組が続けられずになくなることは悲しいことですね。

ガキの使いみたいに、長々と続いて欲しかったですね。ガキの使いみたいに30分の短い番組だったら、終わらずに済んだかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

981 衆議院選挙 国民の関心の高さは単なる野次馬に終わる

リンク: 衆議院選挙

あえてややこしい話題について。

衆議院選挙について大幅にレスをしておるブログを探して読んでいますと、なんとも疲れてしまいました。

選挙行かなきゃならないぞという道徳を軸に書いているようなところ、小泉の「意気込み」にのみ入れ込んでいるところ、国民がアホであるので反射神経で小泉に投票するであろう事を上から見た感じで憂慮しているぞ、というような記事とか。まあつまり、我は人々に何かを知らしめます、と記事が結構あるにもかかわらず、読んでなにか新しい事を知ることの出来た記事はあんまりありませんでした。

テレビでは、国民の関心が高い選挙ということになっているようですが、本当なのかしら、と。ブログを書いている人々がどういう感じなのか、まだ私は良く知らないのだけれど。

無責任な予想をしてみる

私としては無責任に根拠の無い結果予想を書いてみようと思います。

投票率次第が大きく関係すると思われますので、投票率が多少高かったという事で予想してみます。

  • J党 単独過半数
  • M党 多少議席を減らす
  • K党 減る、20は割らないでしょうが。
  • K党 増える
  • S党 議席ゼロはなんとか回避する
  • 新党(国民の方) 事前の予想(ダメ)よりは健闘
  • 新党(日本の方) 事前の予想(ダメ)よりは健闘
  • 反対したが離党していない方 半減

何にも面白くないですね。

ついでに

  • 投票率は上がる上がるといわれながらも、思ったより上がらない

マスコミの「有権者の関心が高い」というのは野次馬根性におわるでしょう。あるいは「関心が高い」と盛んに言われている事自体が何らかの選挙との兼ね合いでしょう。

これは結構自信あるかもしれません。

二人の党首が「過半数を取れなかったら辞める」とか言ってますが、公約に従うなら両方とも辞めなきゃならない事態になると面白いかなとも思ってみたり。「関心の高い」国民が野次馬に徹してしまい、リアルに生活のかかっている反対派の方々が必死の健闘をしてしまった場合には、ありえるかな・・・

ちなみにこの記事も野次馬根性でかかれているだけのチラシの裏だという事はお忘れなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

982 テレビ 鉄腕ダッシュの微妙/佐藤琢磨またか/党首討論全部同じ

今日は「テレビの話題を書いているブログ」をやってみます。

鉄腕ダッシュ ダッシュ村

ダッシュ村は自然観察の話や池作りの話は自然がいっぱいという感じで良かったですね。
自然を詳しいガイドに紹介してもらうのは面白い。
松の葉で作ったサイダーは造っている段階では「そんな風にして作れるのか」と感心しましたが、結果として飲み干している人があまり居なかったら実は不味いんでしょうね。
あれで美味しかったら「松の葉でサイダー作る」のが流行ったと思うだけに残念。

撮影の関係でしょうがないのでしょうけれど、夏真っ盛り、あるいは夏真っ盛りになるちょっと前に見たい放送でした。

鉄腕ダッシュ ケチケチ家族は実に惜しい

毎回思うんだけれど、毎回紹介される技術は工夫として秀逸なものが多いにもかかわらず、コーナー自体のコンセプトと合わさると非常に惨めくさく見えてしまう。
「けち」が自己目的化して本末転倒になった小細工と見ると本末転倒の愚かな行為に見えるのですが、愉しみとして小細工をしていると見るとなかなか知的な行為に変化します。
城島オカンは「もったいないもったいない」「お金無い」とか言いまくりますが、あえて渋い楽しみ方をする知的で質素な家族とすればメッチャかっこいいコーナーになると思うんだけどなあ。

鉄腕ダッシュ ソーラーカー

沖縄物産展のような回でした。 食べ物が多かったですが、実際はそんなに美味しくないのだろう、と。

佐藤琢磨

何も言う事はありません。 最近は期待せずに見ることが出来るようになってしまいました。

党首討論

今日は党首討論が何回も何回もありましたが、どの放送を見ても見事にほとんど討論の内容が同じなので逆に笑ってしまいました。 おんなじことを主張して、おんなじところにツッコみ、おんなじところでツッコまれ、同じところで相手の悪口を言い出したりして話をはぐらかす。まあ、しょうがないのでしょうけどね。

夜の番組で「あなたは今日は毎回その同じ事を言ってますが」とか言った人がいたのには笑いました。みんな解ってて同じ事を何回も言ってるのは当然暗黙の了解だと思って見てたし、全員そうなんで「お前が言うな」という感じでした。

朝から晩まで同じ討論を繰り返した皆様でしたが、「非常にうまい批判フレーズ」が時間の経過につれて他党の発言にも伝染しているように見えたのはなかなか面白い発見でした。
あのような一見生産のなさそうな議論でも、ちゃんと「合意形成と議論の深化」が起こるのだということは面白いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

983 ブログ占いの続編

ブログ占いをちょっと改良してみました。

占いとして面白いかどうかみたいなのはさておき、とりあえずまともに利用できる感じになってきました。
しばらくの間は、このチャレンジでいろんな研鑚が詰めそうです。

こういうのを使いたい人がもしいたら(いないと思われますが)、御連絡ください。
カスタマイズして提供します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

984 灯台守は楽しい疑惑、干からびたチーズは美味かった

新聞読み

消える「灯台守」=最後の女島も無人化

未だに有人だったということに驚きました。

全国に灯台は3345基ある(4月1日現在)。海保職員が通って保守管理をしている灯台は4カ所で、常時滞在しているのは、女島と津軽半島最先端の龍飛埼(青森県三厩村)の2カ所だけ。
ということだそうですので、わずかに残っていた有人灯台がなくなるんですね。
女島灯台には、長崎海上保安部航行援助センターの職員が4人1組で滞在している。食糧を積み、福江港から巡視船で3時間半。15日間ずつ交代勤務する。発電機の点検整備やレンズの清掃、1時間ごとに天候や波高を無線で伝える船舶気象通報などが主な業務だ。

1時間ごとに無線機に行かなきゃならないのが面倒に思えます。三日坊主と言いますが、三日坊主の場合は「一日おきで三回」です、灯台の場合には「一時間おきで15時間」、これは大変です。
灯台守と聞くと「一人で孤独に灯台に居る」印象が何故かありますが、四人一組だったようです。四人なら麻雀だってできますね。

実のところ灯台守は意外と楽しかった?のかもしれません。


「干からびたチーズ」人気

世間というのはわかりやすいですね(笑)。
事件当時は「干からびたチーズ」だなんて酷いという話でしたが、実際は硬いだけで「高級品チーズ」でした。
買っている人はネタで買っているのか、おいしいチーズだから買っているのかどっちか知りたいところです。


哀愁系の灯台学説


私は勝手に灯台は思ったよりけっこう楽しいと思い込みました。
世間のイメージは意外と実体と関係のない、なんてことは結構あることだと思いますしね。

茂木健一郎 クオリア日記

人生の迷い道。
プリンシプルは闇の中に光る灯台のようなものとして。
そういえば、アインシュタインがなりたかった職業は、灯台守だった。

アインシュタインは楽しいから灯台守になりたかったのかもしれません。

まっきんの日常非常識?

彼女は37年もの間、この灯台を点灯し続け、漁船の安全を守ってきたのである。 17才の少女が54才になるまで人々の為に・・・・。

彼女はしんどかったけど楽しかったので、灯台を守ったということにしてみましょう。
ただし一人でやっていたとすると、それはめんどくさいかもしれません。

前略 なめとこ山にて。

灯台が無人になっていたんで、ちょっとビックリした。96年に完全無人化されたとのこと。

無人灯台が当たり前になり、灯台がハイテク化してゆくと(当然そうなるでしょう)、将来の子供は灯台にロボのような印象をもっていたりするかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

985 ブログ占い

ブログで占い

拙者のウェブサイトで作ってみたものをためしにブログで張り込んでみる。

あなたの運命を占います

あなたの運命は

精神集中をして「占う」をクリック!


何とか動いたけれど、勝手にあちこちに改行をいれちゃうので(ブログなので当たり前ですが)、結構苦労してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

986 「カトリーナ」は変・あなたにもできる和名台風実験「小倉優子台風」変だ / シムシティーを思い出す

アメリカはハリケーンの被害で大変なようです。
自分の家が丸ごと水に浸かってしまうなんて考えるだけでも嫌ですし、
都市のほとんどが水没なんて想像も出来ません。

そんな中で略奪している奴が居るなんて全く信じられません。
日本でも災害のたびにそういう被害は実はあるのだという話を聞いた事もありますが、何にしても、略奪横行なんてことはないはず。

真面目に心配しているということを書いた上で、その上でどうしても思ってしまうことについて。

シムシティー

ハリケーン被害の報道を見ていると、シムシティで壊れちゃった町に対面している気がちょっとします。アメリカだから?テレビだから?

そんな気、しませんか?
私だけでしょうか。


「カトリーナ」は変であり、和名にしても変であり、人名をつけることはどうなのか

アメリカでは台風にご婦人風の名前をつける習慣だそうですが、これがどうにも緊張感出ないですね。
「アメリカでカトリーナ大暴れ」と言われると、反射的に思い浮かぶイメージは「カトリーナちゃん、何したの?」という感じです。
「瀬戸カトリーヌ」を思い浮かべてしまったりすると、もっと妙な感じになります。

不謹慎なネタですが、

1.Googleで「カトリーヌ」に関するニュースを探してどれでもいいから開く。
Googleでカトリーヌを検索

2.どこかのページを開いたとします。
たとえば、
asahi.com ハリケーン「瀬戸カトリーヌ」再上陸 100万人以上が避難を開いたとします。

3.そのページを開いたまま、ブラウザの「アドレス」のところに以下の文字列をコピーして貼り付けて、Enterを押してみる。
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/カトリーナ/g,'瀬戸カトリーヌ');focus();
不謹慎ですが、相当おかしなことになります。

考えてみますに、これは単に不謹慎なだけなわけではなく、日本人にとっては根本的に「人名を台風につけるというセンス」はおかしいということを示しているのだと思います。
『超大型の台風「花子」が千葉上陸』、『台風「小倉優子」の被害200億円にのぼる』

なんなら、さきほどのものの変わりにこれをお試しください。
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/カトリーナ/g,'小倉優子');focus();
>ハリケーン「小倉優子」再上陸 100万人以上が避難
とか
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/カトリーナ/g,'大塚愛');focus();
>ハリケーン「大塚愛」再上陸 100万人以上が避難

もちろん男女平等を実現したとしても事態に改善は起きず、
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/カトリーナ/g,'堀江貴文');focus();
>ハリケーン「堀江貴文」再上陸 100万人以上が避難

おばさまのブームを導入してみても、
JavaScript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/カトリーナ/g,'ヨン様');focus();
>ハリケーン「ヨン様」再上陸 100万人以上が避難
なんか違うニュースみたいです。

笑えるという意味とは違うレベルで違和感がないでしょうか。

とりあえず人名はやめましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

987 新聞読み:携帯 ホーダフォンが新規のみ / 九月になって夏バテ予報は間に合うのか?

新聞読み

ボーダフォン端末価格調査: 一部機種が「新規のみ」に
釣った魚にはエサを与えないのでしょうか、新規ユーザに甘く、既存ユーザに厳しいようです。

日本気象協会、携帯サイトで「ワンちゃん夏バテ予報」

日本気象協会は、iモード・EZweb・ボーダフォンライブ!で提供している気象情報サイトで、飼い犬の夏バテ予防として「“ペディグリー”ワンちゃん夏バテ予報」の提供を開始した。

九月に開始するサービスではないと思われます。

ドコモ、「N701i」「D701i」を9月9日発売
妙に四角い端末です。ボーダフォンで似たような端末があった気がします。
90xiにくらべて70xiのポジションが微妙であるためか(さほど安いわけでもなく、一方で廉価機であるという印象は強い)あまり売れていないそうです。さてどうなのでしょうか。
発売日が9月9日だそうですが、この日で良いのでしょうか。日付は覚えやすいですが。完全に選挙とぶつかって、新発売の話題はかき消されそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

988 九月 / 盛り上げ方がわかりすぎの阪神

九月

九月になりました。
月が変わるたびに、思っていたことが出来なかったと反省する日々です。

阪神

阪神は阪神ファンの盛り上げ方がわかりすぎだと思います。
今年は中日かと思わせておいて、交流戦で逆転。
長期ロードで首位陥落するかと思わせておいて、勝ち越し。
独走するかと思わせておいて連敗してピンチ招来。
0.5差の厳しい首位攻防戦になるかと思わせておいて、なおかつ中日に先制点を与えておいて、荒れた試合で余裕勝ち。
好調な選手とそれを適度に打ち消すダメ采配。
台本があるとしたら、なかなか渋い台本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »